スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回 オールド プーケット タウン フェスティバル


 毎年2月上旬の3日間開催され、回を増すごとに規模が大きくなり、タラン通りなどの夜店の数は数年前の倍近くになっており、夜8時頃は歩行困難になるほど混雑状態になります。

 街ではパレードが始まる前から夜店の準備が始まり、飲食、小物、装飾品、衣類、履物、似顔絵の画家など多彩でその数は約200店舗位あると思います。また、通りには民族楽器を演奏するグループや子供達が踊る小さな舞台なども設置されます。街を見て歩くとタイの文化が伝わって来る感じがします。

乳牛を模した車のコーヒー店

銀行や商店が並ぶこの通りは、
以前はお祭りには使用されていませんでした

バッグと小物の店では値付けの最中でした

タイのチャーハン(カオパット)と揚げ物の店

民族衣装の店

高校生がグループ経営で開店する店が多いです

高校生の飲み物屋さんは商売が楽しそうでした

 プーケットのイベントは夕方から始まることが多く、このお祭りも初日は夕方のパレードから始まります。

パレードは5時半頃から始まり、先頭は国王の写真が飾られた山車です。

新郎、新婦の民族衣装

 パレードでは、小さい子供達が民族衣装を身にまとって元気に歩く姿や高校生のブラスバンドなど様々な衣装は見ていて楽しくなります。
 パレードの関連写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「タイの子供たち」の336-021~336-053の7枚です。

オールドタウン近くのクィーン スィリキット公園内には、
大きな屋外ステージが設置され3日間の公演が行われます。

 舞台では民族舞踊、演劇など夜7時から11時頃まで続きました。

 舞台の関連写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「タイの舞踊・演劇」に掲載しております。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。