スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットのゴム園

 プーケットの北部には、若木から老木まで沢山のゴム園があります。
 今回は、プーケットのタラン市に在る、若木のゴム園の写真を掲載しました。

車道から見たゴム園

 老木を伐採し苗木を植えて、約3年で写真のような数メートルの高さになり、幹の太さは大人の手首位になります。
 ゴムの原料となる樹液が採取出来るのは、苗木の植樹から約8年後から数十年間と言うことです。

園内には何本かの細い道が在る

ゴム園の中を走る作業用バイク

 南国の強い日差しを受けてたくましく育つゴムの木

木の枝になる部分に若葉が伸びる

木の先端で伸びる若葉

 苗木が大きくなる数年間は、木の間の土地を利用してパイナップルを育てています。こちらは苗を植えてから約8ヶ月で出荷出来るとの事です。パイナップルは一本の苗で一個の実が収穫出来ます。

植えてからあまり日数が経っていないパイナップルの苗

先に植えられた苗が元気に育つ

 今回掲載の写真は3月中旬に撮影しました。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。