FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット ギンジェー(ベジタリアン)祭り その3(パンガー県編)

 今回は、プーケットの北隣りに在るパンガー県で行なわれた、ギンジェー祭りについてです。
 ギンジェー期間中の10月20日に、写真クラブの仲間9人でパンガー県に在る、タイムアング(航空写真)とタクワパー(航空写真)という町へ撮影に行って来ました。

パンガー県タクワパーの町で行われていた御神輿と爆竹です。

 プーケットと違い、パンガー県では期間中のパレードは二日間しか無いということでした。プーケットのギンジェーと同じ部分も有りましたが、行事の開始時間、御神輿の違いや爆竹の方法等、他との違いも沢山見る事が出来ました。

 最初にタイムアングの寺院の写真です。

タイムアングの寺院の本堂

本堂前から出発した御神輿の担ぎ手はママさんチーム。

境内で花火を売る店。マッチとライターも在ります。

境内の横に在る、ギンジェー料理の飲食店街。

 プーケットでは、爆竹を長い竹の先に結び付けて御神輿の上に落とす方式ですが、パンガー県のこの寺院では、爆竹を地面に敷いて火を付け、その上を歩く方法でした。

初めて見た長さ約10メートル、
爆竹数約5,000発の爆竹の準備中。
プーケットでは普通1,000から2,000発の爆竹です。

爆竹を道路に4本敷いて、
後ろに控えている御神輿がこの上を歩く。
ズボンの裾がボロボロなのは爆竹の爆発による物です。

爆竹に火を付けた瞬間、
爆発の大きさに驚き飛び上がった3人。

スゴイ!音も硝煙も半端じゃない。

硝煙の中を進む御神輿。

 撮影終了後、タクワパーへ向かい12時前に到着。タクワパーでは、長い爆竹は一本も無く、小型の爆竹に火を付けてから御神輿に投げる方式でした。

黄色い袋に爆竹が20発程入っており、
袋の下から出ている線に火を付けて御神輿に投げる。

タクワパーに在る寺院の本堂。

頬に串を刺した女神の多い事に驚き。

ここでの御神輿は4人で担ぎますが、
先に進むというよりも一ヶ所にとどまって、
歩調を合わせて御神輿を前後に揺らします。

担ぎ手は数分で交代する。

周りの観客からは絶え間なく爆竹が飛んで来る。

足元には爆竹の袋が山になって歩き難いです。

 ここからは、寺院前の通りに移動しての撮影です。

寺院前でも激しい爆竹音が響く。

遠くから見る通りは硝煙に包まれていた。

御神輿の近くで不発の爆竹を探す人達。

通りに飾られた神々の絵。

手に爆竹を持ち御神輿を待つ、

パレードの出発を待つ子供達。

御神輿の担ぎ手も疲れているようです。

午後3時過ぎ、硝煙の中をパレードは出発しました。

 ギンジェーの写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「ギンジェー2010」と「ギンジェー2011」にも掲載しています。是非ご覧下さい。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。