スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット ギンジェー祭り その2 (JUI TUI寺院編)

 今回は、先月の10月21日に行われました JUI TUI(ジュイ トゥイ)寺院のパレードの写真です。

オールドタウン(タラン通り)を行くパレード。
参加人数の多い事に驚く。

 JUI TUI寺院(航空写真)は、プーケット タウンのほぼ中央に在り、パレードは、寺院とサパンヒン公園の往復コースで行われました。
 往復路は街の中心部を通過しますが、同じ道を通らないコースで行われました。この寺院は、パレード参加人数が多く、神々やその付き人、神輿、花飾りの車、山車等、全てが通過するのに約2時間掛かります。神様は全行程を裸足で歩き、様々な形態でご祈祷しながら進んで行きます。また、JUI TUI寺院は女神が多いパレードとしても有名です。

パレードの先頭を歩いていた女神様のグループ。
寺院発7時のはずが、6時40分には
もうオールドタウンに入って来ました。

このサイド自転車には、カラオケ装置が付いている。

女神の付き人は友人達が多く、
傷口を拭いたり水を飲ませたりします。

2本の傘を両頬に刺している。

笑顔の女神。

7時過ぎにはパレードの人数も多くなります。

パレードはオールドタウンを西から東へ進む。

右頬に刀を2本刺してしている。

お供物を神様が配り、
これを頂いて食べると健康になると言われています。

微笑みながら進む女神様。

館の前には白い仏像が安置されている。

足の不自由な老人にご祈祷している。

神様からお札を受け取る家主。

この寺院では必ず山車が数台出ます。

左頬にパイプを通してパイナップルが8個刺してある。

右頬に鎖を通して3メートルを超える花飾りを持っている。

車は生花で飾られ、
屋根に仏像を安置し年配の女神様が乗っている。

お守りを配る神様。

8時20分頃から御神輿の爆竹が始まった。

 多くのカメラマンは、この爆竹を撮影に来ているので御神輿を追い掛けていく。私もオールドタウンから移動し、御神輿を追い掛けました。

パレードはパンガー通りへ。

ラサダ通りのアユタヤ銀行前の神輿の一団。

ナバミン公園前。

ナバミン公園を通過した御神輿。

 今年は、爆竹の本数が少なく感じましたが、市当局から爆竹の使用量を少なくする様、指導があったという事です。
 御神輿が、時計台のサークルを通過する頃、隣のモントリー通りにはサパンヒン公園から戻った復路のパレードが通過していました。

復路のモントリー通りを行くパレード。

T・A・T (タイ国政府観光庁) 前で祈祷する神様。

面白い事を言って歩く年配の神様には笑いが起こる。

 ここまで進んで来たパレードは、寺院近くの市場を通過して寺院に戻ります。パレードの所要時間は5~6時間位です。

 ギンジェーの写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「ギンジェー2010」と「ギンジェー2011」にも掲載しています。是非ご覧下さい。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。