FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットのギンジェー祭り・前編

 ギンジェーとは「菜食」のことで、観光客向けには(Phuket Vegetarian Festival)と案内されています。
 今年(2012)は10月15日(月)から10月23日(水)の9日間で、プーケットに在る16カ所の中国系の寺院で開催されます。期間中は各寺院に於いて、規模は異なりますが様々な行事が行われます。

花飾りをしてギンジェー祭りのパレードに参加した
サイドカー。

 プーケットタウンにて朝から昼頃まで行われるパレードは、初日と最終日を除いて7日間開催されます。
 パレードのコースは毎日異なりますのでご注意下さい。プーケットタウン以外の寺院では地元でパレードを行う寺院もあります。

プーケットタウンに入って来るパレード。
各寺院の先頭は警察車両です。

 ギンジェーの撮影は、国内外のメディア、外国人のカメラマン、プーケットの写真クラブ等、毎年カメラマンが増えています。

爆竹の神輿にはカメラマンが集中する。

 ギンジェーの詳しい案内は、T・A・T(タイ国政府観光庁)のプーケット事務所(航空写真)で英語とタイ語が併記された小冊子が無料で頂けます。内容は、ギンジェーについての説明、期間中の禁止行為、各寺院の日程、寺院によるプーケットタウンでのパレードのコース等が載っています。
 小冊子にコースが載っている3カ所の寺院は、規模が大きく地元の人達や観光客も多く見応えがあります。

 特にプーケットタウンのバーンネアオ寺院とジュイトゥイ寺院(特に女神が多いので有名)は市内を約6kmのパレードを行います。トランス状態の神様(約600人)を始め、花飾りの車、仏像の神輿等の数も多く、爆竹の場所も数多く設けられます。

 今回の写真は昨年(2011)のギンジェーを撮影したもので、期間の前半にプーケットタウンで行なわれたパレードの様子です。昨年は天候に恵まれず、前半は午前中に時々薄日が差す程度で午後は小雨で、後半は朝から雨天と曇天状態でした。
 次回の後編は、期間の後半の様子を掲載致します。爆竹の写真は7月の初めに「小野岳男フォトギャラリー」の「ギンジェー2011」に掲載します。

ギンジェー祭りの前から白衣の衣料店が多くなる。

頬に刺しているのは室内天井ファンです。

 頬に多彩な物を刺した神様やトランス状態の神様には5、6人の付き添いがいます。血を拭いたり、水を飲ませたり、汗を拭いたりします。

パレードを見学する兄妹。

神輿の上に乗る神様。トランス状態でバランスをとる。

両頬から太目の棒を刺した神様。

顔から耳まで約100本の針が刺してあります。

斧で舌を切りながら歩き、
パレード途中の数カ所かで演技する。

神様が飲むためのお茶

子供達が演じる獅子舞。

舞いが終わると大きな口を開けてチップの請求に来る。

コーラ・ジュース等を飲料メーカーが無料提供している。

準備が整いパレードを待つ人たち。

左頬から刀を三本刺している。

女神は右頬から口に出るように刺している。

面白い神様も多い。左手の男性は説教を聞いている。

説教が終わりテーブルのお供物をあげる神様。

トランス状態の人が次々に本堂に入って来る。

夜明け前から数百人の神が生まれる。

針を刺した右手。
最初は針を刺す程度が主流であったと聞いています。

境内では口に飾り串を、両腕に針を刺した神様が誕生する。

頬に飾り串を刺した瞬間。

パレードに参加した子供達と無料で配られる冷たい飲料水。

サイドカーに乗った女の子が撮影協力してくれました。

神輿を担ぐ人達が次の爆竹の所へ急ぐ。

神輿が来ると全員が座る。(パールホテル前)

神輿を待つ観光客と地元の人(メトロポールホテル前)


スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。