スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僧侶の交通安全祈願

 日本では、車やモーターバイク(以下バイク)の交通安全祈願は神社へ行く人が多いと思いますが、タイは当然のごとくお寺に行きます。
 今回は、通称クワン寺(航空写真)の撮影に行った時に、偶然見ることが出来た僧侶の交通安全祈願の写真を紹介します。

ご祈祷が済みボンネットに安全を意味する文字を書く

車内にも文字を書く

ハンドルのクラクションの部分にも文字を書き、
タイ国旗と同じ(青・白・赤)三色の毛糸を
ハンドルの横に括りました。

 プーケットはここ数年で道幅が広くなり、スピードも出し易くなっています。道路が良くなると交通事故が多くなる、と昔から言われています事故の原因は、スピードの出し過ぎや一時停止不履行など、ここには書き切れないほどあります。
 プーケットタウンは道幅が狭くスピードは控えて走りますが、郊外に出るとスピードを出して走る車やバイクが多いです。今までに様々な交通事故を何回も見ましたが、プーケットはとにかく事故が多いのに驚いています。
 事故の怪我人は、公的な救急車でなく大きな病院の救急車が直接出動するため、病院には常に何台も待機しています。この他タイには民間の救急車があり、この組織は市民の寄付によって運営されています。私はバイクを利用していますが、自分がぶつけると云うより、バイクの飛び出しと追い越して来るバイクには気を付けて走っています。

 車のご祈祷が済んで間もなくバイクのご祈祷に来ました。

ご祈祷が済みバイクに国旗と同じ三色の毛糸をバイクにくくる。

椰子の葉を束ねた物で水を振り掛ける

バイク全体に水を掛けます。

 当日撮影したクワン寺の風景写真を掲載しました。

クワン寺の三門と現プミポン国王の写真

三門を入ると境内の庭には大木が在る

周囲10メートルを超える大木

本堂への階段

クワン寺本堂の入口の扉

仏像の横には現プミポン国王の写真

 小野岳男フォトギャラリーの「僧侶・托鉢」のページに当日撮影のクワン寺の写真を同時掲載しました。併せてご覧下さい。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。