FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットはコンビニ激戦区

 二か月程帰国していました。その間「プーケット風物詩」をお休み致しましたが、今週から再開しましたのでお時間が有りましたらお立ち寄り下さい。

 今回はプーケットのコンビニに付いてです。
 プーケットにはコンビニと言われる店舗数が、ここ数年間で3倍になったのではないかと思う程乱立状態になっています。タラン市には、最近大型スーパーのテスコ・ロータスが新たに開店しました。
 プーケット県の人口は20数万人と聞いたことがありますが、ミャンマーからの出稼ぎ者も同じ位の人数が居ると聞いています。プーケットの観光客は年間数百万人単位で、新規ホテルや住宅団地も次々に建てられています。購買力も確実に増えているようで、閉店したコンビニは未だ見ていません。

 次の4枚の写真は店舗数の多いコンビニの看板です。

セブンイレブンの看板。

ファミリーマートの看板。

タイの全土で展開する大型スーパー「テスコ・ロータス」の
コンビニの看板。私はミニ・ロータスと呼んでいます。

プーケットの地元資本のスーパーマーケットが、
プーケット県内に展開しているコンビニで
スーパーチープの看板です。

 この他にも数種のコンビニが各地にあります。

 昔の日本には田舎に行っても、おじさんやおばさんが経営する小さな雑貨店が在りました。子供の頃、私の家の近くにも雑貨店があり、夏休みになると10円玉を握ってかき氷(私の地方では氷水と言ってました)を食べに行きました。お店のおばさんにはいつも親切にして頂いた記憶があります。

 現在は、日本全国にコンビニが在り、何処へ行っても建物と看板が同じで地方の特色がありません。便利にはなりましたが、私には味気ないです。

 プーケットもコンビニに付いては同じですが、横道に入ると小さな店が沢山あり、値段も安く、商品構成も少し違っています。店先にはテーブルがあり、買った品物を食べながら談笑している昔の日本の光景があります。

 ここでは、プーケットタウンに乱立する店舗の一部を紹介します。

間に飲食店を挟んで、
左がセブンイレブン(写真中央)とスーパーチープ(写真左端)。

生鮮食料品が多く並ぶスーパーチープの店頭。

夜のスーパーチープの店頭。

このロータリーの交差点には、
一軒のミニロータス(写真の左端)と
二軒のセブンイレブン(写真中央と右端)があります。

ミニ・ロータスの店頭。

この看板のガソリンスタンドにはセブンイレブンがあります。

道を挟んでセブンイレブン(左側)と
スーパーチープ(右側)が並んでいます。

団地入り口にあるセブンイレブン(写真右側)と、
道を挟んだ向かい側に在るスーパーチープ(写真下部)です。

三叉路に在るセブンイレブン(写真右側)と
ファミリーマート(左側奥)です。

近年プーケットタウンに数店舗の出店を始めた、
スーパー系のコンビニのトップスです。


 プーケットはここ10年で、道路や街が随分変わりました。

 「小野岳男フォトギャラリー」もあわせてご覧下さい
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。