FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャノン プーケットフォトマラソン

 今月12日、キャノン マーケティング タイランドが主催するキャノン フォトマラソン タイランド2011がプーケットでも開催されました。フォトマラソンとは、1日に3回の撮影テーマが出され、それぞれのテーマに沿った作品を、約1時間半から2時間程度で撮影するコンテストです。

 プーケットでのフォトマラソンは今年で3回目となり、回を重ねるごとに参加者は増えて今年のカメラマンの参加者は約260人位でした。(開催会場はセントラルフェスティバル)
 キャノンフォトマラソンは東南アジア6か国で開催されているようで、タイではチェンマイ県・コンケーン県・バンコク都・プーケット県の4ヵ所で開催されました。
 今年から外国人も参加できるようになりましたが、在タイ1年以上という条件があります。外国人の参加者は3名だったということです。

 当日は7時半に受付開始で参加料の150バーツを支払い、名前・電話番号・カメラの機種名を記入し、ナップザックを受け取ります。ナップザックの中には当日使用する白いポロシャツ・ゼッケン・雨具・写真提出チェックカード等が入っていて、すぐに着替えて準備します。

受付風景 001~300は参加申し込み済の方 301~400は当日受付の方

8時半から説明会があり、椅子に座りきれない参加者

8時50分に第1回目の撮影テーマが発表され腕自慢が撮影に出発

1回目の締め切り時間は10時半、データ提出場所は市内の公園
ここで2回目のテーマが11時に発表

昼食は各自で済ませて午後1時半2回目のデータ提出へ
場所はタウンの博物館前

ここで3回目のテーマ「ストップ」が2時に発表された

 セントラルフェスティバルにて、3回目のデータを提出して終了し発表を待ちます。各提出場所では、お菓子や飲み物が準備されていました。
 気温が30度を超える日中の撮影はかなり厳しいですが、普段では撮影出来ないような所も撮影許可が得られることが多く、仲間と冗談を交わして撮影できる楽しいイベントと思います。長期滞在者で写真に興味のある方なら十分楽しめるイベントだと思います。
 コンテストの内容は、各テーマ別のベスト3とグランプリベスト3を決めます。グランプリの1位の賞品は、キャノンEOS 60DにEF18-135isのレンズ付きでした。


 第1回と第2回のプーケットフォトマラソンを紹介致します。

第1回 プーケットフォトマラソン 2009.12.26
 参加者は110人位でした。友人の紹介で、私は審査員をさせて頂きました。

セントラルフェスティバルの屋内受付

第2回 プーケットフォトマラソン 2010.10.09
 参加者は160人位で、外国人は参加不可でしたが、参加料を支払い自由参加という事でタイ人の友人達と撮影だけ参加しました。

綺麗な受付嬢

説明会場に集まる参加者

 この他、プーケットでは、毎年ギンジェー祭りパラグライダー大会など、いくつかの写真コンテストがあります。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

ルワン公園

 この公園は、プーケットタウンの中心部から南西約2キロ程の所にあり、市民の憩いの場となっています。

 正面入口付近には、公園の象徴的な円形の大きな池(一周約700m)があり、朝夕には散歩やジョギングの為に大勢の人達が来園します。公園はかなり広く、園内には駐車場が3ヵ所在り、車やバイクが走れる東端の道はもう一つの大きな池沿いに、正面入口から裏入口に通じています。

 園内に在る遊歩道は、日中は時間帯により車とバイクも利用出来ますが、遊歩道の数は予想以上に多くうっかりすると迷いそうです。この公園の魅力は、南国の花や見事な樹木が豊富なことだと思います。

 園内はどこでも自由に撮影出来るので、撮影会などにも利用します。

 下の写真は、公園の裏入口から入り、池に掛かった大きな太鼓橋を渡って池に沿って左に歩いて行くとすぐに見えて来ます。

ルワン公園
ルワン公園 (303-274)
クリックで拡大表示
撮影時間は朝7時40分頃です。

 こちらに関連写真を掲載しました。

ルワン公園
ルワン公園 (343-168)
クリックで拡大表示
正面入口に在り、時間と気温が交互に表示されます。


ルワン公園
ルワン公園 (343-171)
クリックで拡大表示
正面入口を入るとすぐに見える大きな池です。


ルワン公園
ルワン公園 (343-159)
クリックで拡大表示
公園東側の風景です。


ルワン公園
ルワン公園 (343-208)
クリックで拡大表示
裏入口の池に掛かる太鼓橋です。


ルワン公園
ルワン公園 (343-210)
クリックで拡大表示
太鼓橋を渡るとこの風景が見えます。

ルワン公園の航空写真、および「小野岳男フォトギャリー」も、合わせてご覧ください。

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

のどかな風景

 プーケット空港から南へバイクで5分程走ると丘に囲まれた小さな村があります。

 その村に行く道の途中には大小のゴム園があり、バイクで走ると気分的に涼しく感じて爽快です。この近くまで撮影に行く時には、午前中にそこを通るようにしています。そこで撮った下の写真の牛や鳥は、いつでも見られる訳ではありません。ですから、この風景に出会った時にはかなり手前でバイクを止め、歩いて近づいていきます。

 撮影を始めようとした時、1台の車が止まり、2組の外国人夫婦が降りて来ました。彼らは話をしながら、この風景の写真を撮ったり、夫婦でお互いに記念写真を撮り合ったりしていました。これに驚いたのか、鳥たちは何となくざわめいた様子で、そのうちの数羽は遠くまで飛んで行ってしまいました。

 彼らが去った後、私は一服しながら、牛や鳥が落ち着くのを待ちました。そして、撮影開始。

のどかな風景
のどかな風景 (318-102)
クリックで拡大表示

 上の写真の関連写真は「小野岳男フォトギャリー」の「自然と風景」のページにある「318-108」「318-116」「318-118」「318-123」です。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

朝のビーチ

 プーケットにお越しになられた方はご存じと思いますが、プーケットのビーチは朝8時前からパラソルの準備が始まりお客さんを待ちます。

 8時を少し過ぎ頃から、パラソルの椅子はお客さんで徐々に埋まって行きますが、整然と並んだ風景はこの頃が撮影のタイミングとしては良いと思います。

 あるビーチではパラソルの準備が終わると、前日のお客さんの足跡をすべて箒で消すところもあります。足を踏み入れるのが申し訳ないと思いつつしっかり撮影して来ます。

朝のビーチ
朝のビーチ (335-267)
クリックで拡大表示

 上の写真の関連写真は「小野岳男フォトギャリー」の「蒼い海」に掲載されています。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。