スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ・プーケット水掛け祭り2013

 4月13日はタイのお正月で、恒例の水掛け祭りが全国で行われました。

車上へ水で一撃

 プーケットでも各地で行われましたが、プーケットタウンでは、市内とサパンヒン公園を結ぶプーケット通りがメインで行われました。
 この日は、道路を車やバイクで走ると、大通りや裏道などでも所々で水掛けをしている時があるので外出に困ります。
 今年はあいにくの曇り空でしたが、街では元気に水を掛けたり、掛けられたりと大騒ぎでした。
 水掛祭りが終わると雨季に入ります。

 今年は水掛祭りについての詳しい説明は省略致します。掲載写真は当日、タウンのプーケット通りで撮影しました。

水掛けは午前10時前から始まる

ゆっくり走るバイクに掛けるタイミングはOK

子供へも遠慮なく掛ける

外国人がこちらに向けて水鉄砲

子供達が大勢乗ったピックアップ車

スクーターに四人乗りで参加

女の子の水鉄砲の前をバイクが何台も通り過ぎる

後ろから水を掛けられた女性

車からの反撃を受けた男性

水を掛けられると運転手は目をつぶり前は向いていない

撮影者が喜ぶ水量なり

次の水掛けをする準備をして待つグループ

このグループも楽しく水掛けをしていた

小さい子の参加も多い

水掛けが行われたプーケット通り

混雑するプーケット通り 午後2時半頃


スポンサーサイト

タイ・プーケット 水掛祭り

 4月13日はタイ国の元旦で、プーケットでも水掛祭りが行われました。

見事な水掛

 タイのカレンダーは、殆んど仏暦年号(今年は2555年)と西暦年号が併記されていますが、日常の生活では仏暦年号が使われています。
 この時期は、暑季にあたり一番暑い季節を迎え、雨季への季節となります。プーケットは、太陽直下になり今月下旬は正午頃には自分の影が足元に在るという現象になります。また、帰省などは1月ではなく、4月の正月時期が圧倒的に多く、長期休暇を取り、バスのチケットは予約をします。タイの北部や東北地方からプーケットへ出稼ぎに来ている人の中には、片道20時間を超えてバスに乗る人も少なくありません。

 水掛祭りは、地方によって3日間や1週間という所も有りますが、プーケットの場合は13日のみです。
 プーケットタウンの場合は、街の中心部の時計台からサパンヒン公園の約3kmの道路で行われました。タウンの場合は歩いている参加者は少なく、車・サイドカー・バイク等を利用した人達に、道路脇で待っている人達がこれらを目掛けて水を掛けます。
 このお祭りでは、あまり知られていませんが毎年数百人の死亡者が出ています。今年はタイ全体で338人との事でした。

 注意事項として、水圧の強い水鉄砲の使用禁止・衣類は水を掛けて透けて下着が見えない物の着用・祭りに参加していないと分かる人に水を掛けない等の色々な禁止事項があります。かなり危険なお祭りですので参加される方は十分にお気を付け下さい。
 本来の水掛祭りは、器の水を手ですくって相手の手や腕等に掛ける行いを言います。
 掲載写真は、プーケットタウンで当日に撮影したものです。

頼もしいお父さんとバイクで参加

 タウンでも外国人の参加者が増えて来ました。車の上と下との水掛対決を3枚続けます。

車上からの攻撃

下からの反撃

下から連続の反撃

水掛をバイクに読まれていました

今度は完璧です。お爺ちゃんは孫の顔を手で覆っていました。

水道局の車が水の補給に来ました

ついでに車やバイクに散水して帰って行きました。

前を人が通りましたがいい顔をして頂きました。

イェーイ!

バナナと椰子の葉で外からの掛け水を防御

午後になって車が増えて来ました。

観光バスもノロノロ運転

プーケット ネオフォトクラブのメンバーです。

水が足りない人に水をあげていました。

 この日の関連写真は5月初めに、「小野岳男フォトギャラリー」に掲載します。また、本ブログの「掲載写真アルバム」も併せてご覧ください。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。