スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 オールド プーケットタウン フェスティバル

 今年も2月15日から17日までの三日間、オールド プーケットタウン フェスティバルが開催されました。

タイ舞踊をされていた皆さん(タラン通り)

 初日の15日の夕方には、幼稚園児から大人までが参加してのパレードも有りました。
 今年はパンガー通りのバスターミナルをスタートし、モントリー、プーケット、ラサダ、バンコクの各通りを経由してタラン通りの公園まででした。

高校性のブラスバンド

 フェスティバルはタラン通りを中心に、クラビ通り、パンガー通りとプーケット通りの一部を使用し、長さ約1.5kmの道路とタラン通りの公園で開催されました。
 各通りには、プーケット文化を伝える展示品、航空会社、銀行、絵画、飲食、衣類、装飾品など数百の店が並びました。また、小さなステージが幾つもあり、アマチュアからプロの演奏、歌や踊りなどが楽しむことが出来ました。
 タラン通りの公園には大きなステージが設けられ、毎夜公演が行われました。
 毎年、祭りに使用される通りは通行止めとなり、会場の周辺道路は夕方5時頃から混雑します。

 今回は、三日間で撮影した一部を掲載致しました。

時計台のロータリー交差点を進むタイ国旗

国王の肖像画を乗せた山車行列の先頭

プーケット マーチングバンド

国王の肖像画を乗せた山車と後部の行列(タラン通り)

新郎、新婦になった子供達(タラン通り)

子供達の参加も多く、パレードにお母さんが脇に付いて歩く
(タラン通り)

SIAM NIRAMIT PHUKET劇場の皆さん(タラン通り)

SIAM NIRAMIT PHUKET劇場の皆さん(タラン通り)

SIAM NIRAMIT PHUKET劇場の皆さん(タラン通り)

終点の公園に到着したパレードの子供達(タラン通り)

公園のステージでは毎夜、多彩な公演が行われた

公園に設置された「西遊記」の登場者達(タラン通り)

大道芸人? 手前の白い箱はチップ入れ(プーケット通り)

数年前は銀行でしたが現在は博物館(パンガー通り)

交差点に設けられた舟形のステージ(パンガー通り)

中学生のバイオリン演奏(タラン通り)

小学生と大人の混合でタイ楽器の演奏(タラン通り)

タラン通りで踊るタイ舞踊

並んで記念撮影(タラン通り)

飲食店のテントが並ぶ(タラン通り)

我が子を撮影するお母さん(タラン通り)

写真館のブース(タラン通り)

友人の画家の店頭では額縁の格安販売(プーケット通り)

プーケット通りに並ぶ料理店

バッグとアクセサリーの店(プーケット通り)

品定めするお客さん(プーケット通り)

女の子はセーラームーンのお姉さんが好き(パンガー通り)

男の子はやっぱりドラゴンボールが好き(パンガー通り)

知り合いのご家族のバンド演奏はお見事でした
(パンガー通り)

道路がキャンバス(パンガー通り)

ライトアップされた建物(タラン通り)

いつもの「花のおじさん」は記念撮影でモテモテ(タラン通り)

住宅販売会社の前で、チャイナドレスで(タラン通り)

背景とポーズを変えて(タラン通り)

知り合いのお二人、今日はアルバイト(タラン通り)

アップでもう一枚(タラン通り)

夜9時半頃のタラン通り

のっぽ人と記念撮影(タラン通り)

女性だけのバンド
疲れていても撮影する時はこの笑顔(タラン通り)

 このフェスティバルは、プーケットの文化を知るには良いと思います。
 掲載出来なかった写真もありますが、撮影にご協力頂いた皆さんありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

第12回 オールド プーケット タウン フェスティバル


 毎年2月上旬の3日間開催され、回を増すごとに規模が大きくなり、タラン通りなどの夜店の数は数年前の倍近くになっており、夜8時頃は歩行困難になるほど混雑状態になります。

 街ではパレードが始まる前から夜店の準備が始まり、飲食、小物、装飾品、衣類、履物、似顔絵の画家など多彩でその数は約200店舗位あると思います。また、通りには民族楽器を演奏するグループや子供達が踊る小さな舞台なども設置されます。街を見て歩くとタイの文化が伝わって来る感じがします。

乳牛を模した車のコーヒー店

銀行や商店が並ぶこの通りは、
以前はお祭りには使用されていませんでした

バッグと小物の店では値付けの最中でした

タイのチャーハン(カオパット)と揚げ物の店

民族衣装の店

高校生がグループ経営で開店する店が多いです

高校生の飲み物屋さんは商売が楽しそうでした

 プーケットのイベントは夕方から始まることが多く、このお祭りも初日は夕方のパレードから始まります。

パレードは5時半頃から始まり、先頭は国王の写真が飾られた山車です。

新郎、新婦の民族衣装

 パレードでは、小さい子供達が民族衣装を身にまとって元気に歩く姿や高校生のブラスバンドなど様々な衣装は見ていて楽しくなります。
 パレードの関連写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「タイの子供たち」の336-021~336-053の7枚です。

オールドタウン近くのクィーン スィリキット公園内には、
大きな屋外ステージが設置され3日間の公演が行われます。

 舞台では民族舞踊、演劇など夜7時から11時頃まで続きました。

 舞台の関連写真は「小野岳男フォトギャラリー」の「タイの舞踊・演劇」に掲載しております。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。