スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットの国旗カラーの歩道橋

 プーケットにはタイ国旗カラーに色を塗った歩道橋が在ります。

空港からプーケットタウンに向かって、
最初の町になるタラン市街地に在る歩道橋

 プーケット空港からプーケットタウンの中心部までは約40km弱の距離があり、その間には幾つもの国旗カラーの歩道橋があります。
 歩道橋はタイ国旗の色と同じ色でペンキが塗られ、青空の下ではより一層綺麗に見えます。歩道橋の幅は少し狭く感じられます。
 写真は光線の関係で、写真の奥側がプーケット空港になります。

空港からプーケットタウンに向かって、
タラン市街を通過して3km程の所に在る歩道橋

空港からプーケットタウンに向かって、
タラン市の「勇者の像」を過ぎ300m程の所に在る歩道橋

 幾つも在る歩道橋の一部を紹介致しました。機会がありましたらご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

タイの国旗・国歌

国旗について

 タイの国旗をご存じの方も沢山おられると思いますが、今回はタイ国旗の写真を紹介します。

ロイカトーンのパレードに参加した国旗を掲げる一団。
旗手のシャツの色も国旗の色に準じて並んでいます。

 タイ全土は分かりませんが、プーケット県は国旗が数多く掲揚してあり、何処へ外出しても目にすることが出来ます。
 官公庁・学校・道路・など公的な場所はもちろんの事、会社・一般家庭・お店などでも毎日国旗を掲げているところもあります。また、各種行事などでも国旗は必ず登場します。
 以前、日本から来たお客さんに「現在は国旗を掲げられない地方がある」と聞いてビックリしました。
 日本では国旗、国歌法に反対した国会議員が大臣をしている訳ですから驚きます。昔は一般家庭でも、国旗を掲げていた家が多かったと記憶していますが、最近は少ないと聞いています。

プーケット県庁舎と国旗掲揚

プーケット市庁舎と国旗掲揚。柱の太さには驚きです。

市庁舎の南側から撮影

 パンガー県の在る島へ写真を教えに行った、幼稚園から中学校の一貫校で掲げられていた国旗です。

通りに面している塀には国旗があり、
学校という事がすぐに分かる。

校庭の国旗掲揚

幼稚園児校舎の各教室の出入り口には国旗が掲げてあります。

オールド プーケットタウン フェスティバルの
パレードに参加した国旗を掲げる一団

王立タイ海軍旗

 タイ海軍旗は、タイの国旗の中心の赤い丸の中に衣裳を付けた白象が描かれています。参考までに、王立タイ海軍には航空母艦が有ります。


国歌について

 最近日本では、国歌を歌うとか歌わないとかニュースになっているようですが、私が知る多くのタイ人にはそういう人は居ないと思います。
 昔、日本の小学校では国歌の他に、日の丸の歌なるものを歌った記憶が有ります。「白地に赤く 日の丸染めて ああ美しい 日本の旗は」・・・

 タイに来られて体験された方も多いと思いますが、タイ国では朝8時と夕方6時にテレビ全局で国歌を放送し公共の場(駅・バスターミナル・市場等)では、何をしていても立ち止まらなければなりません。
 タイ人からこんな話を聞いたことがあります。外国人が「私はタイ人だ」と言っている人に、タイの国歌を歌わせて歌えない時はタイ人と認めないそうです。

マーケットで国歌が流れて全員が足を止め、
座って居た人は立ち上がります。

ほぼ40秒間立ちます。

 興味のある方は、「タイ国歌」で検索すると、歌詞を見ることが出来ます。
 また、YouTube では数年前にテレビ放映になっていた国歌の映像や、タイの駅などで立ち止まる映像が見られます。テレビ放映の国歌の映像には、全局に共通して見られる映像が沢山あります。

 私のホームページ「小野岳男フォトギャラリー」もぜひご覧ください。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。