スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット バナナビーチの椰子の実

 プーケット島北部に在るプーケット空港から南へ10数kmのところにバナナビーチがあります。

道路からビーチへの坂道(約70m)を降りると
ヤシの木の間から綺麗な海が見える

 300m程の小さなビーチは、子供達がゆっくり遊ぶことが出来るので、ほとんどのお客さんが家族連れです。
 陸路のアクセスは、公共交通機関が無く車かバイクになり、他の各ビーチからの海路はロングテールボートの利用になります。
 ビーチでは、パラソルは希望で借りることができますが、昼過ぎまで日陰がある為借りている人はいません。

家族向きの小さなビーチ

他のビーチからロングテールボートでやって来た家族

ビーチにはパラソルが無い(希望で借りられる)

ビーチで唯一のレストラン

 地元の年配のおじさんが、ビーチに続く坂道に在るヤシの木の実が落ちたら危ない、と言うことでヤシの木に登り始めました。

一本目の高いヤシの木に、
素手と素足で簡単に登ったおじさんが
次々にヤシの実を落とし始めた

二本目のヤシの木は更に高くなり、
異常な速さで登るおじさん

ドスン、ドスンというスゴイ音を立てて落ちているので
人々が集まって来た
(落ちてくるヤシの実は写真中央上)

落とされるヤシの実は見学している大人の頭より大きい
(落ちてくるヤシの実は中央右側)

もぎり作業が終了し、おじさんが降りてくる。
下ではヤシの実を集め始める。

 お客さんにご馳走するため、おじさんは早速ヤシの実を切り始めましたが、地元の人は流石に早い。ヤシの実の上部を切り、飲むための小さな穴を開けて希望する10人程のお客さんに配りました。

早速ヤシの実を切り出すおじさん

ヤシの実が重くて持てないのでお母さんを呼ぶ女の子
写真の奥側ではヤシの実片手に歓談中

大人の頭より遥かに大きいヤシの実
お母さん達とヤシの実ジュースを飲んでいた
前の写真の女の子

 私も一つ頂いたが大きいだけに中身の量が違う、1リットルを遥かに超えていて、簡単には飲み干せず、飲んでいる皆さんを撮影しながら時間を掛けて飲みました。
 もぎり立ては初めて飲みましたが、青臭い味は全くなく美味しかったです。お客さん達も美味しかったのでしょう、それぞれお礼を言いながらチップを上げていました。


スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

朝のビーチ

 プーケットにお越しになられた方はご存じと思いますが、プーケットのビーチは朝8時前からパラソルの準備が始まりお客さんを待ちます。

 8時を少し過ぎ頃から、パラソルの椅子はお客さんで徐々に埋まって行きますが、整然と並んだ風景はこの頃が撮影のタイミングとしては良いと思います。

 あるビーチではパラソルの準備が終わると、前日のお客さんの足跡をすべて箒で消すところもあります。足を踏み入れるのが申し訳ないと思いつつしっかり撮影して来ます。

朝のビーチ
朝のビーチ (335-267)
クリックで拡大表示

 上の写真の関連写真は「小野岳男フォトギャリー」の「蒼い海」に掲載されています。

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。